鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

台風一過

東京はずいぶんと残暑も和らぎました。お元気でいらっしゃいますか。あの真夏の、文字通り熱い闘いの17日間が終わりそして一ヶ月が過ぎました。

 しばし休養だった小泉総理も箱根から帰京。28日の役員会から始動。昨夜(29日)は党の8役と福田官房長官も参加しての夕食会。場所は赤坂の中国料理店「樓外樓飯店」。まずは「H2A」打ち上げ成功で乾杯。「これがうまいんだよな」と生ガニの老酒(ラオチュウ)づけをガブリと総理。
「H2A」は打ち上がったものの、東証株価は17年ぶりの1万1000円割れ。失業率5%、そして消費不振。問題山積の秋が始まります。 

 臨時国会は、政府・与党の間で決められますが、外交日程等を考えると、恐らく9月下旬となるでしょう。雇用対策を中心とした補正予算審議の国会となります。

 さて、ご心配を頂いておりました、社町の公選法違反の件、去る24日、町長、助役、総務部長の3人は罰金30万円(助役・総務部長は20万円)略式起訴で身柄は釈放され、一件落着となりました。

 この件、今年2月6日に鴻池後援会の拡大に協力を上石町長が町役場の幹部に依頼した「公職にある者の地位利用」という公選法に抵触するとの結論が司法の判断でありました。

 加東郡社町にはゴルフ場が7ヶ所あり、そのゴルフ場利用税が町収入の多くの部分であります。その利用税の撤廃論が昨年より文部省側から起こり、地方行政部会長であった私が、小さな町の財政を揺るがしかねないと反論し、この税制は今日まで、存続する事になっています。上石町長はこれに恩義を感じたらしく、私の後援会員の拡大に力を入れようとされたと聞き及びました。
本件は私及び事務所とは、無関係の出来事であった事は明々白々の事実でありますが、違法は違法としても心を配って頂いての事件であり、このまま見捨てておくわけにはいかぬと判断し、私の方より弁護士をこの3人に付け、早期決着の運びとなりました。尚、彼等の釈放の折にはその場所へ長男、肇一を差し向け慰労の挨拶をさせたことも申し添えます。

 それにしても、あんな草深き空気のきれいな町にも、本当に「いやな奴」が居るものですね。2月6日に町役場で幹部数人を前に「鴻池を頼む」と町長が言った時に、「町長、この話は公選法に触れます。なかったことにしましょう。」と忠告するものも居なかった上に、すぐさま警察に内々で通報したものが居たという事。この件で今までまじめに積み重ねて来た人生を失ってしまった3名の方々(町長、助役は辞職、総務部長は退職)は本当にお気の毒なことでした。その「いやな奴」はどこの誰かは存じませんが、彼にも家族や友人もあるはずです。これからどんな人生を歩んでゆくのでしょうか。

 公選法とは難しいものです。公官庁の労働組合、公立校の先生にも公務員として公選法上の同じ立場です。仕事を休み、給料をもらって選挙運動に熱心な彼等は、いったいどういうことなんでしょう。頭に血が昇ったのか、血圧が上がったままです。とにかく一件落着しましたので、ご心配を頂きました事、お詫び申し上げながら、ご報告申し上げます。

 9月下旬迄は火曜日が役員会、役員連絡会議、総務会、記者会見となります。しばらくは充電の期間を頂く事に致します。公選法に「お礼行為の禁止」があります。選挙でお世話になった人にお礼を言ってはならないそうです。でも、お礼を申し上げます。「88万2584票」本当に有難うございました。

 残暑、お大切にお過ごしください。