鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

9月11日

久し振りに神戸からお便りを差し上げております。

 9月11日(火)22時頃(日本時間)、米国ニューヨーク世界貿易センタービルの映像は、なんと衝撃的だったことでしょう。ずいぶん前になりますが、私もあのビルの最上階で昼食会(日米若手政経人の会)に出席したことがあります。ワシントンの国防総省ビルも炎上しました。恐ろしい出来事と一口で言い表せない事が起きました。

 9月12日(水)臨時の役員会、役員連絡会議、総務会と党本部で開かれ対応を協議。正午から官邸に於て、与党連絡協議が開かれ、それぞれに私も出席し政府の対応について協議を致しました。

 イスラム原理主義者のビンラーディンが首謀とパウエル国務長官が確認。米国は軍事的対応、特殊部隊投入を検討。戦争です。

同盟国としての日本はどう対応するか。定められた憲法の枠内でとの態度。果たしてそれで済むのか。有事法制はどう進めるか。経済問題とは別の次元のようですが、極めて関係深く連動しています。

 今、衆議院で予算委員会が開かれていますが、質疑はどうもゆったりしているようで・・・。来週水曜日に参院でも予算委員会を開く事に致しました。

 テロの標的は米国だけではありません。日米は同盟国です。又、アフガンに米国が進行した時、他のアラブ諸国やロシアはどう動くか。この際にと、韓半島では何かが起きないか。

 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した」この日本国憲法を守って、自国が守れない国、日本。あなたはどう考えますか。私はこの選挙中いや、30歳の頃から憲法改正を提言し続けてきました。

 今しばらくはブッシュ大統領の行動を見守るしかありませんが、我々も身辺、注意しなくてはならなくなりました。パレスチナの問題は遠い砂漠の出来事ではなくなって来ました。来週は、国会閉会中ですが、予算委員会、農水委員会を開き、農水では狂牛病問題を取り上げます。

 多事多難。どうぞお元気で。