鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

イラクで大変なことが起きました

やはり、イラクで大変なことが起きました。犠牲となられた奥克彦参事官と井ノ上正盛書記官に対し、心から哀悼の誠を表したいと思います。
 昨日夕刻、早稲田の大隈講堂で講演を行いました。政友会というサークルに招かれての事です。「最近の学生は!!」といつも悪口を言っている私ですが、昨日接した若者は極めて、礼儀正しくはきはきして、とても気持ちのいい後輩たちでした。

 亡くなった奥参事官も稲門です。この大隈講堂を眺め、早稲田の庭が、やはり彼にとっての青春時代の風景であったことを思うと胸が痛みます。

 この事件の直後、川口外相は一連の報告の後、次の内容を加えて発表しました。「さっそくパウエル長官に電話をして、日本人の安全確保をお願いしました」の主旨。なんとも、やるせない思いになったのは私だけでしょうか。

 第二次大戦後、保守と云われる人も左翼と云われる人も、同じ量の東京裁判史観の洗脳を浴びました。そして、そのまま一方は「反共・親米」もう一方は「護憲・平和」と平行して今日まで来てしまいました。これでいいのでしょうか。この外務大臣が当然の如く言った「日本人の命をアメリカに守ってもらう」ことが通常のことなのでしょうか。世界中どこの国から見ても異常なことです。日本人の命と財産(歴史・文化・伝統も含む)を守る意志を国家は捨て去ったまま今に到っています。

 戦争に敗けたことは事実です。一方的な東京裁判が行われたことも事実です。日本が降伏した大きな要因は、都市において約90万人が、広島・長崎に於いて30万人の国民が虐殺されたことも事実として忘れてはならないことです。

 今週は(閉会をしております)国会において、足利銀行に関して閉会中審査が行われます。そして来週にはイラクに関しての審査が行われることでしょう。

 台風も去った伊豆山中の私の部屋からは富士の山が美しく、雲ひとつない好天になりました。ニンジンジュースダイエット。体重は約5kg減。血圧も正常になり、快調です。4日夜までの予定でしたが、このような世情となりましたので、明日には社会復帰?致します。豊食はいかに悪いか、よくわかりました。

12月2日 午前11時半 伊豆山中 サナトリウムにて