鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

円山川

風と雨。そして高潮の猛威。23号の列島縦断によって亡くなった方、行方不明の方は84名に。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 円山川。いつもは大きくゆったりした流れ。今頃は川辺に秋桜(コスモス)が、静かに咲いています。私の大好きなふる里の風景のひとつでもあります。

 その円山川が豊岡市と出石町を水没させました。中貝市長さん、そして市民の皆さん、大変でしょうが頑張って下さい。今日は国交大臣がそちらに、防災担当大臣が淡路島に入りました。もちろん私も政治の場で出来る限り復旧、復興のご支援をして参ります。

 水没した街並がTVで映し出されるたびに、ご苦労の程が思い知らされ胸が痛みます。出石の皆さんも頑張って下さい。存じ上げている方々のお顔が次々と浮かびます。私のよく立ち寄る「そば屋」さん。頑張って下さい。

 さて三位一体改革、「義務教育費の国庫負担金の削減」に関して、「中央教育審議会」の議論をすっとばしたとして「中教審」の鳥居会長は辞任するそうです。いいじゃないですか、どうぞ辞任してください。「国庫負担金を地方税に転化すると、義務教育制度の根幹を危うくする」と発言されています。

 そうでしょうか。「中教審」はいったい教育制度の中で何の役割を果たしてきたのでしょう。文科省の中に設置された文科省御用達の「審議会」。先日逮捕者まで出した審議会は厚労省の御用達でしたね。とにかく官僚の教育行政を「ヨイショ」してきただけではないですか。これだけ心あるすべての国民からも、大多数の子供からも、背を向けられてもなお方針変えしない、文科省の最も悪しき官僚統制行政のおかかえ「審議会」。

 このホームページをご覧になった関係者はお怒りのことと存じますが、怒っているのは国民の方ですよ。義務教育がそんなに立派だったら、これほど塾は流行らない。不登校の子供は14万人。ニートやフリーターは大量です。子供が親を、親が子供を殺す時代。義務教育が何かしましたか。

 この際、義務教育制度について考え直しましょう。6・3制なんてどうでしょう。とにかく教育も官の統制から枠をはずして、地方や民間でキラキラ子供達が光る教育の再構築をやってもらいたいものです。それを邪魔しているのが文科省と御用審議会だと私は思います。

 車窓から見る富士山は初冠雪。あの荒れ狂う風雨からは信じられないような日本の秋です。再び被災地の皆様方の一日も早い復旧と復興を祈念しつつ、金沢市に向かっています。

10月22日(金)午後1時50分 新幹線米原駅にて