鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

ODA視察で中国とマニラへ行きました

毎日、色々なことが起こります。香田青年の救出の為、谷川副大臣がアンマンに到着。今(午前11:05)イラク北部で「アジア人と見られる男性の遺体」発見の報が。国家としては放っておくわけにはいかぬ事件ですが・・・。物見遊山でイラクへ入ったとすればバカとしかいいようがないですが。

 いかがされるかと思っておりました「秋の園遊会」は秋空のもと盛大に開催されました。やはり外国の要人はじめ、在日外交官や多くの方々を公式にお招きになっておられますから。その席にて米長邦雄さん(将棋永世棋聖で東京都教育委員)が「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが仕事です」とお話し申し上げたところ、陛下は「やはり強制でないことが望ましいですね」と応じられたそうです。

 今年、8月末、私は参院を代表してODA視察で中国とマニラへ行きました。こんな出来事がありました。日程の中で何度も通るマニラの日本大使館に国旗が見えなかったので、帰国の日空港へ向かう途中で、公使に「マニラ大使館では国旗を掲げないのですか」と聞きましたら、「掲げていると思います」とのこと。それじゃスローで大使館の前を通過して下さい。ということになって大使館の前をゆっくり走りましたが国旗はありません。空港へ着いてその公使は私に次のように報告しました。「今日は雨が比較的強く、国旗が飛ばされて来館者にケガをさせたら大変だから降ろしております」という事。私は彼に聞きました。「日本の国旗は雨の日に飛ばされて、アメリカの国旗(その日、しっかり掲っていた)は雨風で飛ばされないのですか」と。そして昨日は好天気だったけど掲がっていなかった理由は?と聞きましたら黙り込みました。張り飛ばしてやりたい衝動にかられましたが、私にしては珍しく我慢をしました。国旗が大使館になかったことは、調査団全員が、そして公使とのやりとりは松山政司参議院議員が終始見守っておりました。国旗云々の前に、この程度の外交官が高給をもって世界中に存在していることに、不快感と共に恐ろしさを感じております。

 新潟は段々寒くなり、そろそろ雪の季節です。昨日の参院、内閣委員会でも復旧・復興に向かっての議論が活発に行われました。悲しいニュースが次々と流れることに胸が痛みます。明後日、帰省して月曜日に兵庫県の北部、豊岡・城崎に入る予定です。今日の東京も抜けるような青空なんですが。

10月29日 午後11時30分 議員会館にて