鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

前回に続いて安全保障

あと一週間で新しい年となります。来年の後半に私の「大殺界」?が終わるそうです。そういえば、昨年も今年も、私の囲りにはあまり良くないことが多くありました。こんなことは信じない私ですが、でも最近は気になります。早く来い来いお正月の思いです。

 で、憲法。前回に続いて安全保障についてです。現行の憲法では自衛隊が頑張れません。自衛隊の行動にさまざまな拘束がるのです。「いざ」という時、事前に陣地が築けません。穴ひとつ掘れません。その土地の所有者の許可が必要で、非常事態であっても無許可だと法律違反になります。

 弾薬の輸送も許可が必要で、消防・警察・道路管理者の許可を受けるか通報する必要があります。いわゆる「火薬取締法」です。自衛隊と花火屋さんはこれを守らなければなりません。

 ついでに戦車。もし北の方から海を越えてやって来た敵。これをやっつけるのに我が自衛隊の戦車が出動します。今のままでは青信号で進み、赤信号で止まらなくてはなりません。道路交通法が適用されます。

 我が国の自衛隊は世界中のどこからみても「軍隊」です。でも過去、長い間、日本人だけがタブー視してきました。私達、国民の生命と財産を守る頼もしい「自衛隊」として存在するためには「憲法9条」を改正することが必要です。

 さて、ODAについてご報告を致します。日本国民の資金が日本以外に使われるODA。有意義にそしてその国からもある程度感謝されて実施されるべきだと主張してきました。今年の8月17日から8月25日まで、私は参院を代表してODAの視察に中国・フィリピンを訪問しました。その時に親しい方々に次のような「絵はがき」を送っております。

 「ODAの視察で中国、フィリピンに。まず中国。ビルや空港は東京、大阪以上。ますます経済上昇中。おまけに核、ミサイルの超軍事大国。この国に日本人の税金を巨額に使って支援する必要なし。まして「反日」。マニラも4ヶ所ODA事業を視察して、明日帰国します。はるか南の国より、あなた様のご健勝を祈念しつつ。 8月24日マニラにて 鴻池よしただ」

 帰国後、「中国へのODAの必要性は見当たらず」の報告。これにより、対中国ODAは、無償資金は数年で中止に、円借款(超低金利、据え置き10 年ぐらいの貸し付け金のこと)は段階的に削減の方向が政府の方針となりました。本年、私達訪中団(団長 鴻池、自民党 三浦一水・松山政司、民主党 和田ひろ子・木俣佳丈 共産党 大門実紀史 各議員)の果たした役割が攻を奏したものと自負しています。エヘン!エヘン!(これは坂本龍馬が姉に出した手紙で威張ったくだりです。エヘン!エヘン!)

 今夜はイブ。まもなく街の景色はクリスマスから迎春と移ります。私の事務所は国会も神戸も12月27日の午前中で閉局させて頂きます。初仕事は1 月4日朝からとなります。今年一年有難うございました。新潟の被災地の皆様、頑張って下さいね。私のこの便りも今年はこれで御用納め、新年1月4日からとなります。良いお年をお迎えください。

   金で買えぬ 幸(しあわせ)もあり 除夜詣 (真砂女)

12月24日(金) 午後4時 議員会館にて