鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

東京大空襲

空襲!前回の私のホームページで3月10日、東京大空襲60年目のその日について記しました。日本人にとって忘れてはならない日。アメリカが非戦闘員、いわゆる一般の老若男女、子供を含めた日本国民を虐殺し東京の街を焦土にせしめた日。そしてアメリカがこれに恥じて、日本に謝罪すべき日ではないかと記しました。

 さっそく多くの方々からご意見を頂きましたが、特に最も親しいある女性から。彼女は私と小学校から高校までずーっとご一緒で昔は自宅もすぐ近くの佐藤正子さん。「私にとっては3月13日の大阪大空襲が忘れられないです。」大阪の住むところを焼き出され、行くあてもなく市内を逃げまどったという。その時彼女は5才ですよね。

 東京大空襲!これも本当にひどい話しです。3月13日、B29は274機。1773トンの焼夷弾で50万人が被災し、亡くなった方は3987人・不明者は678人ですよ。その後、6月1日、6月7日、6月15日、6月26日、7月10日、7月24日と執拗に市民に対して攻撃を加え35万戸の家を焼き尽くし、1万2千人の死者と1900人近くの行方不明者を出しました。

 そして何よりも腹立たしく(アメリカの戦時の行為とその後の行為、全てが腹立たしいですが)て、忘れてはならないのは、8月14日。8月14日ですよ。8月15日の1日前ですよ。145機のB29は大阪上空から爆弾707トンを落として、1843戸を焼き2967人の被災者。死者は359人、不明者は79人。これがアメリカの正義。アメリカの博愛。アメリカの人権。この日も忘れてはならない日ですね。

 日本全土に対して投下された爆弾は1944年6月から1945年8月までの15ヶ月間。原爆2発を除いて16万トン以上。新潟、金沢、奈良を除いてほとんどの都道府県、主要都市のすべてが標的になったのです。そしてその人的被害は50万人以上であり、加えて広島14万人、長崎7万3884人。日本人ももちろんアメリカ人も忘れてはならないことであります。

 さてその東京も、大阪ももうすぐ桜です。東京の開花まであと一週間とか。気も心も晴れ晴れとする日が早くくればいいですね。先週の土曜・日曜は、岡山と京都で講演。今日は本会議と内閣委員会に出席。まもなく発の「のぞみ」で帰省する予定です。明日は神戸事務所でお客様と面談し午後から結婚式に出席。日曜日は淡路島へ。少し前に突然亡くなった友人の墓参りを予定しています。

 花粉で苦しんでおられる方も多いと思いますが、気をつけて良い連休をお過ごしください。

3月18日 午後5時半 国会事務所にて