鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

反日デモ

「反日デモ」 支那人のアホ面を見ると胸くそ悪い。対日本への知識が全く無いのか。しかし悪いのは彼らだけではない。

 日中戦争も第二次世界大戦も、再びあってはならない現代史の不幸な断層であるなら、戦後60年を経た現在、なによりも必要なことは、恩讐を乗り越えてお互い歴史を完全に理解することではないか。

 そのためには、まず歴史解釈の自由がお互いの中になければならないはずである。それなのに日中間の近代史に関しては、おかしなことに中国側の史観のみによって強制されているのは「日中友好」という政治決着のために、日本が「謝罪外交」という両国のために決して良くならない姿勢をとって来たことにあるのではないかと思います。

 「日中友好」は欺瞞です。そして、日本国民の資金が3兆5千億円もODAと称して中国政府へ貢ぎ続けた結果、感謝されるどころか日の丸を焼かれ大使館へ投石という結果になりました。

 日本政府、特にチャイナスクールグループの外務官僚のヘラヘラ外交。私は昨年夏に対中国ODAのストップの旅に参院を代表して出かけ、その折にも大使はじめ在中国官僚達とも会談したが、その発言は、彼らは日本人か支那人か彼ら自身もわからなくなっているのではないかと思う程中国寄りの発想でありました。

 「靖国」も「教科書」も毎年、欺瞞的で卑屈な対応を中国に対して行ってきたことは、結果的に日中関係の本質を大きく損なうことになってしまったし、両国に大きな禍根を残すことになりました。

 まあ、好きなだけやらせましょう。天に向かって吐いた唾は、やがて支那人の顔の上に落ちてきます。日本もこれを期に「謝罪外交」の根を断ちましょう。日本大使館の投石によって壊されたガラスや壁はそのままにしておきましょう。やがて支那人が詫びて直しに来る時まで。

 東京は雨です。桜花もこれで終わり新緑の好季節へと向かいます。同僚の金田勝年先生から秋田の角館の花を見に来ないかと嬉しいお誘いがありました。そこは5月の初旬から中旬が満開となるそうです。

4月12日 午後4時 議員会館にて