鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

「郵政」は今夕、特別委員会で採決し可決となります

 昨夜、沖縄の石垣島の友人に電話をしました。TVですごい雨風が映っていたけど大丈夫か?と。大丈夫だ、今飲んでいるとの明るい返事。もう日付が変わる頃の事でした。

 そして日付が変わって8月5日。「郵政」は今夕、特別委員会で採決し可決となります。そしてこれを受けて8月8日(月)午後、参院本会議において賛否の投票が行われることになりました。

 自民党参議院。議員は114名。この中から18票の反対が出ればこの「郵政民営化法」は否決となります。必ず否決されることになるでしょう。そしてその日に小泉総理は解散するでしょう。参院で法案が否決されて衆院を解散、そんな無茶なことを小泉さんはやろうとしています。小泉政見の末期症状ではなく、自民党の末期症状と考えても良いでしょう。

 公明党の冬柴幹事長は、それを見越して「民主党との連立」に言及しました。これは公明党の本音でしょうか。そういえば、あの細川内閣の発足からずっと続いて与党であり続けたのは公明党だけでした。

 私は思います。自民党は一度下野してもいい。それが民意ならばいたしかたないのではないか。それが困るから、選挙で負けるから「郵政」はとにかく賛成してくれ、これはもう手遅れ。来週月曜日には参院本会議で「郵政」否決、衆院解散は現実のものとなってきました。私は凛然として青票(反対票)を入れることにしています。

8月5日(金)午後1時半 議員会館にて