鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

・・・と云うことで、国会は本日、閉会しました

「・・・と云うこと」はどういうことかというと、参院で福田総理の問責決議可決。衆院で福田内閣信任を可決。参院でダメとして衆院でヨシ。そして無風のまま閉会に、まるで幼稚園の子どもが公園で砂の掛け合いしとるみたいやな。

 「ねじれ国会」は政治の停滞の原因か。そうやないと思うな。他の先進国は上院、下院が多数、少数と「ネジレ」現象が多く見られるが、少なくとも、日本の数倍うまく進んでいる。

 残念ながら日本の各政党の幹部が酸欠状態、「多数気分」抜けない与党、野党気分」抜けない野党。一年前の参院選挙で野党は大勝しとるんやで。

 砂の掛け合いばかりしておって、とどのつまりは、衆院、参院を統合して「国民議会」という1院にした方が効率的だと主張する総理経験者をはじめ多くの議員が出てきた。はたして、そうかな。マッカーサー占領下、先人が2院制を体を張って残した意味を、いまこそ思い返すべき時。衆院は時として勢いにまかせて右や左と大きく流される。時として大衆迎合で道を間違う。解散があるので落ち着かない。だから参院を置いて、衆院の補完、拙速の抑制、長期の政策課題の対応等々、2院制の良き所を保ち続けなければならん。

 しかし、今の参院は、アカンな。決算重視と云いながら、政府の不正に対して、警告もしない。だからこれじゃアカンと、自民から共産に到るまで「決算のあり方を考えよう」と勉強会を立ち上げたんよ。

 参院は官邸の下請け、衆院の下部組織と違うんやということを、議員一人一人が自覚して、本来の参院のあり方を追い求めなきゃいかんと思うよ。

・・・ということで、「凪」の国会はこのまま閉会ということになりました。

 沖縄は梅雨が明け、北陸、東北は梅雨入りしたそうです。被災地の皆さん、お困りのことと思いますが、どうか頑張って下さい。私も党の地震対策委員長として頑張っています。

 今日は久し振りに「たかじん」の収録です。テーマは「参院は必要か?」なんと!!

6月20日(金) 午前11時 国会事務所にて