鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

デフレ脱却から景気回復へ

 補正予算案の審議が、衆院を通過して参院予算委員会に移りました。
13兆1千億円。デフレからの脱却、そして景気の回復、3.11被災者の復興、防災、減災等々大効果。一日も早く成立させたいものです。
 しかし、参院では自・公の数が少なく「ねじれ」現象、同じ志の議員の協力を得ても「117対118」で負けます。予算ですから憲法上、衆院優先で2月末までには成立する見込みです。そして、これが終わると、引き続き平成25年度総予算の提出となります。
まさに切れ目なき経済対策となります。
必ずデフレから脱却し景気はどんどんよくなってゆくことでしょう。
 その「平成25年度予算」は恐らく、4月末か5月の連休の間、1日か2日には成立致します。でも「ホッ」としている間もなく6月には東京都議選挙、そして参院選挙と続きます。「維新の会」が東京都でどれほどの支持があるかどうかが参院選には極めて大きな影響があることでしょう。

 2月は如月。
「時しも頃は如月のきさらぎの十日の夜、月の都を立ち出でて・・・・」
2月10日夜、義経主従は頼朝の追手から逃れるため山伏姿で京を出て奥州藤原秀衡の元へ向かいました。「富樫左衛門」が守る関所で、義経一行だと見破られ、弁慶の機転で難関を突破。それは、家来である弁慶が咄嗟に主人である義経を激しく打ち据え打ち据え、その様子にすべてを察した「富樫」は「疑いは晴れた」と告げて、関所の通行を許したのでした。
舞台では、ここで再び「富樫」が現れ、義経と知りながら酒を一行に捧げる。古来からの日本人の「情」が名曲に乗って流れ、観客は大いなる感動を覚えます。
「人の情の盃を受けて心をとどむとかや・・・」大きく舞う団十郎さんの弁慶、勘三郎さんの富樫が目に浮かびます。若手の役者の皆さん。新しい歌舞伎座も、4月2日に「こけら落とし」です。
日本の文化や伝統をしっかり守ってゆきましょう。

 昨日は東京に雪が降りました。北国からは毎日のように風雪のたよりです。「春」はまだまだですがお元気でお過ごし下さい。

         2月20日(水)議員会館にて