鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

主権回復の日|日本が独立を回復した記念すべき日。

asonaikaku

4月28日に、国会近くの憲政記念館で「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」が天皇皇后両陛下のご臨席を頂き開催されました。極めて意義深く、感動的な式典でありました。

1941.12.7に開戦。日本は「総戦力」で戦いましたが、1945.8.15に降伏。9.2降伏文書に署名し「大東亜戦争」の実際の戦闘状況は終わりました。

そして1951.4.8に「日本国との平和条約」が調印されました。これは「サンフランシスコ会議」の最終日に「日本」と「旧連合国」48カ国との間に調印された講和条約です。この条約に反対したのは、「ソ連」「シナ」「インド」でしたが「米」「英」だけで草案を作成し討議も一切なしで強行されたようです。

そして、その調印の結果、1952年(昭和27年)4月28日に発効しました。そして、6年8ヶ月にわたる「国際法からもありえない」他国による占領統治から日本は解放された記念すべき日であり、この日に連合国との「戦争状態」は終結したのです。

ここに、日本の個別的、集団的な自衛権を承認、日本の再軍備と外国軍隊の駐留継続も許容されたのです。そして、多分にアメリカの極東戦略が大きく反映され「奄美」「小笠原」「沖縄」がアメリカの施政継続に入っており、サンフランシスコ平和条約の発効後も一定期間「占領されたまま」であった苦難を同じ日本人として忘れてはなりません。

この6年8ヶ月の間、アメリカ占領軍は、日本国憲法を押しつけ、日本の歴史を奪い、自分たちの歴史や文化教育を押しつけたのです。日本の2000年近い歴史の中で戦って敗れ占領されたのはわずか10年程度じゃないですか。日本が独立を回復した記念すべき日に、私たちの目で我が国の歴史を思い、国柄を語り、国家としての理想を作ろうではないですか。

5月1日 議員会館にて
※写真:H20.9麻生内閣合成(記事とは関係ありません)