鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ 鴻池よしただ 公式ホームページ ねっと応援団

世論調査|ぶれることのない自民党らしさを理解してもらうことが大事。

201306151 先日、各社の世論調査が発表されました。NHKでは、内閣支持率62%で、自民党支持率は41.7%で他社もほぼ同様の結果発表でした。今もなお、高い支持を頂いていることに大変有り難いことだと思うと同時に、今よりも地に足をしっかりつけて謙虚な姿勢で政策実現に向かうことが大切なことだと思います。過去、25%前後で「一喜一憂」していたことを忘れてはなりません。

この際、何よりも大切なことは他党を「あげつらう」ことなく我々自民党が何をするか、この現状をどう打開するのかという大きな展開を国民に示すことです。今も、政府、自民党は一体となって数々の政策を打ち出していますが、立党の目的である「日本らしい日本の確立」に向けて、ぶれることのない自民党らしさを理解してもらうことが大事です。

東日本大震災から2年3ヶ月となりました。「3.11」は日本人の本来の「地金」が炙り出されたと思います。それは、多くの無名の日本人の見事な振る舞いでありました。困難に出くわした時、我々は内側から現れてくる先祖から築き上げてきた「生き方」を誇るべきだと思います。

公への貢献と義務を果たす国民、家族や地域社会の絆を大切にする国民。勤勉を美徳とし「自立」を誇りとする国民。こうした「国民」を誇りに思い守る政治こそ「保守政治」の理念があるのだと思います。

先日、フランスのオランド大統領が参議院本会議場で演説をしました。あんまり大したことは言ってなかったですな。「まあ、仲良くしましょうや」ということでした。

子規の弟子がパリで遊学のとき、中秋の名月にパリジャンは何の感興も催さないと驚いています。
「巴里人(パリビト)はみやびなきかも望月の今宵の月を顧みもせず」

やっぱり私は「敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花」がいいですね。
日本人は「義理と人情」そして、「もののあわれ」を感じる心を失ってはなりませぬ。

ずいぶん早めの来日?です。台風3号の大雨に気をつけましょう。

6月12日(水)  議員会館にて
※写真(記事とは関係ありません)